忍者ブログ
風俗の君のうごき
[12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

☆大人(・∀・)アイテムサイト☆



風俗嬢で夢中になるアダルトグッズ。本当によかったww

彼はそれをグラスに注ぎ、
少しずつ飲みながらソファーに座っている。
わたしは彼に近づき、
その前へ跪く。

風俗嬢でのチアガールの衣装を着ているわたしは、
少しふざけながら彼に、

「風俗嬢にいらっしゃいませ♪」

バスローブをめくり、彼の足を大きく開く。
そしてペニスを優しく掴み、
微笑みながら、静かに動かしていく。
わたしを見つめながら彼が言う。

「風俗嬢にこんなお店が在ったら毎日だって通うよ」

風俗嬢のコスプレパブ?
わたし、ご指名頂けるでしょうか?
彼は何度も「幸せだ」とつぶやく。
幸せなのはわたしも同じ。

彼とはごく普通の恋人同士で、
主従関係というものはないのだけれど、
「ご奉仕」をするのがとてもうれしい。
「アナル」に関する事はすべて彼に服従、
奴隷として扱われる事が至福の瞬間だ。
わがままに生きてきたわたしが、
初めてこんなオンナになれたという驚き。
年に数回しか会えないからこそ、
二人の時間は濃密でいつも新鮮なの。

ずっと動かしていた手の中で、
彼のペニスは大きくなり、硬さを増していく。
明るく白いお部屋の中で、
大好きなそれを見つめるわたし。
色、カタチ、感触、彼のペニスのすべてが好き。
次第に引き寄せられるようにわたしの唇が近づく。
そして口がそのペニスを吸い込み始める。
極力、刺激を与えないよう、舌は動かさず、
唇だけを使いながら、上下させていく。
彼の射精はわたしのアナルと決まっているから。

「口で受けてみたい?」
風俗嬢時代も、そんなことは。。。
お酒を飲みながら彼が聞いてくる。
オンナは好きな人の精液はいつでも飲みたいはず。
でもわたしはアナル奴隷だから、
ご主人様が一番したい事をするのが喜びなの。
それにわたしの身体もそれを望んでる。

アナルであなたのすべてを受けとめたい。。。

「おいで。。。」
「はい。。。」

十分過ぎるほど硬くなった彼は、
わたしを引き寄せる。
そのまま立ち上がり彼に跨った。
十分に潤っているアナル。
豹柄のTバックを横にずらし、
彼の硬いペニスがアナルを埋め尽くす。

「あぁぁぁっ。。。」

最近わかった事がある。
アナルセックスはノーマルとは感度が違うのだ。
肛門から腸に続く道がものすごく感じるということ。
ペニスが入ったり、浣腸液が通っただけで
とてつもなく快感になってしまう。
わたしはそれを体感したために、
もうそこから逃れられなくなってしまった。
彼にそんなオンナにしてもらった事が、
今、なによりも嬉しくてたまらない。

「キスしてもいい?」

感じるわたしの顔を見ていた彼が聞いてきた。
言葉に出して聞いた彼が可愛くて、
わたしから唇を重ねていった。
とてもたまらない気持ちになって、
激しく舌を絡ませながら。。。
普段はこんなキス、自分からはした事がない。
そんなわたしに彼は驚いたみたいだった。

「こんなキスしたら。。。」

彼が激しく腰を突き上げている。
あぁ。。。わたしまたアナルでイク。。。風俗嬢戻りたい。。


上記記事抜擢。

風俗嬢好きなんですねw
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(02/01)
(07/08)
(07/08)
(07/08)
(07/08)
P R